英会話をマスターしたい人必見!独学で英会話をするためのお役立ちサイト

英会話の上達にはとにかく実践あるのみ

とにかく実践あるのみ

英会話の上達には、単語を覚えたり文法を理解したりすることが大切です。
しかし、いたずらに知識を詰め込むと、形にこだわりすぎるため、却ってマイナスになるのです。

英語を学べば学ぶほど、不自然な言い回しをしているのではないか?と、心配になりますよね。
その結果、英語でしゃべることに臆病になってしまいます。
たしかに、場違いな発言をすると自分が恥をかくだけでなく、相手に対しても失礼になります。
しかし、失敗を恐れすぎると英会話が上達する機会を失ってしまうのです。

英会話をマスターするためには、とにかく実践あるのみ!
いい意味で開き直り、精力的に英会話にトライしていきましょう。
勇気の実践を積むことによって、おのずから結果がでてきます。

文法は自然に身につく

英語で会話をするためには、文法を理解する必要があります。
しかし、文法は英会話を学ぶうちに自然に身につくともいわれています。

英語は単語で覚えるのではなく、ひとつのかたまりで覚えることが大事です。
日常的に使う表現を分析していくと、複数の単語から成り立っていることに気付きます。
これは日本語でも同じですよね。

また、英文法の大きな特徴は「~する」「~しない」などの表現が初めのほうに出てくる点です。
これは、日本語との大きな違いですので、知っておくと英会話の上達に役立ちます。
もし、話の内容が聞き取れない場合でも、最初の部分を把握することで全体像の把握にも結びつきます。

いずれにしても、英会話を身につけるためには実践が大切です。
苦手意識を払拭するためにも、積極的に英語に触れていきましょう。